カードディスペンサーの仕組み

カードディスペンサーは、電源が投入されると、すべての光電センサーを自動的に検出し、カードがプレエンプティ状態かエンプティ状態(アラーム信号とブザー出力)かを検出し、キー入力をテストします。 ; カードを自動的に必要な位置にプリセットします。 システムのクライアント側の指示に従って、カードを高速で払い出すか、または無効なカードを安全に取り込んでください。

電源投入後、スタックホルダーにカードがある場合、ディスペンサーRは自動的にカードをスリットに入れ、ディスペンスのコマンドを受信している間にカードをスロットに送信するコマンドを実行します。カードが正常に払い出されるべきかどうか、正常であればクライアントがカードを引き出すのを待ち、カードがある期間内に引き出されなかった場合、カードは回収される。 機器が待機期間中に再生するためのレベル信号を受信した場合は、すぐにカードを再生します。

充填/分配/回収の過程で、カードが変形、汚れ、または局所的な機能不全がある場合、ディスペンサは自動的にカードを調整し、それでも正しくない場合には5回往復運動をする。クライアント側にエラー信号を送信しながら次のコマンドまたは手動操作を待つと、同時にブザーが鳴ってエラーを警告し、LEDが点滅します。

カードスタックホルダーが空になる前の状態では、ブザーがLCDの点滅で警告している間、ディスペンサーは「カードが不足しています」という信号を出力します。 シリンダーにカードがない場合、ディスペンサーは同様に「空」のシグナルを出力します。