IoTカードリーダーがクラウドベースのアクセス制御を教育市場にもたらす

ニューヨーク市 - 学校の自動化された安全および運用サービスのプロバイダであるScholarChipは、Internet of Things(IoT)を採用し、K-12学校のドアアクセスと教室の出席を確保するためにPoE(Power over Ethernet)を使用する2つの新製品を発表しました。

同社によると、この機器は、教室の改築と新しい建物の建設の両方に、迅速、簡単、かつ費用対効果の高い導入を実現します。 どちらの製品も、ScholarChipのクラウドベースの物理アクセスおよびIDソリューションシステムを使用しています。

PoEセキュアドアアクセスリーダー

最初のデバイスであるPoEセキュアドアアクセスリーダーは、学校の建物全体で既存のイーサネットケーブルを使用して実装できます。 ドアストライクとスマートIDカードリーダーにリレーを接続することにより、ドアが固定されます。

配線されているドアはインターネットによって制御され、どこからでも1つのコマンドでロックダウンできます。 すべてのドアのアクセスと権限はオンラインで管理することもできます。

PoEクラスルーム参加者リーダー

第2のデバイスであるPoE Classroom Attendance Readerは、建物内または特定の部屋にいるスタッフと学生を示すリアルタイムレポートを提供するクラウドベースのシステムで、最初のレスポンダーが迅速に対応できるよう支援します。

読者は壁や机に取り付けられ、60秒以内に生徒の教室を処理することができます。

この装置を使用すると、学校区は管理業務や事務業務に費やす時間が短縮されます。

どちらのデバイスも、オンボードの処理機能を備えており、ネットワークが喪失した場合にセキュリティを提供します。

ScholarChipの最高経営責任者(CEO)/ CTOであるMaged Atiya博士は、「われわれの目標は、学校区がセキュリティと運用機能を自動化し、効率的なインターネット接続を可能にするためにできるだけ簡単にすることです。 「安全対策と自動出席システムはK12環境を変えており、IoTとPoEは未来の波です」