インサートカードリーダーのメンテナンス方法CRT-288-C

インサートカードリーダーのメンテナンス方法CRT-288-C

insert card reader CRT-288-C

長時間使用した後は、搬送機構が磨耗したり、センサーに付着したほこり、磁気ヘッド、ICカードの接触がモジュールの性能に影響を与えるため、常に維持する必要があります。

詳細な指示は以下の通りです:

アルコールを含んだクリーニングカードを使用して、カードリーダーを数回引っ張って挿入して、磁気ヘッドをクリーニングします。

アルコールでクリーニングカードを挿入し、ICカードの接触をクリーニングするために自動テストICカードを数回実行します。

定期メンテナンス:20,000サイクルごとにモジュール(磁気ヘッド、IC接点、機構)をメンテナンスすることをお勧めします。

(1サイクル:カードを出し入れする)

さまざまなコンポーネントのメンテナンスは次のとおりです。

1)ICカードの接点メンテナンス:ICカードにアルコールを入れます。 自動テストICカードを実行する

2)磁気ヘッドのメンテナンス:クリーニングカードを繰り返し挿し込みます。

因果関係

装置の損傷を防ぐため、メンテナンスの前に電源が切断されていることを確認してください。

オイルはカードリーダーの性能に劇的な影響を及ぼします。装置を吸油性接着剤から遠ざけてください。

磁気ストライプカード読取のための能動的/受動的データアップロード方法を設計した。

磁気ストライプカードの読み取り方法を設定する:挿入または引くときに読み取り、DEMOで読み取りモードを設定します。

磁気ヘッドとそのケーブルから離れた場所に保管してください。

ICカード挿入方向:カードを正面から挿入した場合、ICチップが上向き、ICチップがある方

磁気カードの挿入方向:磁気ストライプを裏向きにして、右側を向くようにします